2007年10月13日

ボクシングって喧嘩なの?

一応話題を提供してくれた世界マッチから2日。
「とりあえず見とかなきゃな」とビデオを見てみたよ。

ん〜、何て言うか、ストリート・ファイト?
試合の駆け引きとか醍醐味なんてまるで無かったね(苦笑

結果は、皆さんがご存知の通り。

試合後の新聞やNEWSの亀田パパのコメントを読んでみると。

「反則は故意ではありません」
そうなんだ〜、亀田Fのボクシングって、
サミングやスープレックスが無意識に出る練習してるんだ(苦笑
プロレスのヒール(悪役)だったら、一流になれるよ(笑

「若さ。。未熟さの結果。。」
若さは置いといて、明らかに未熟な人でも世界戦出来るの?
ボクシングって、そんな甘々世界なの?(苦笑

「反則を止められなかった事を反省してます」
おいおい、終わってから、そう言う事言うか?
弟君、気の毒だね〜。
弟君は、普段、親父に教わった事をしただけだろうに。

「肘で目を狙え」
亀田家の普段のボクシング用語って言ってるらしいけど、
スゲ〜日常用語だね(苦笑
目と金的攻撃は、近代格闘技ではご法度でしょ?
それが、日常用語とはね(失笑

他にもあげれば色々あったみたいだけどさ。
一言で言えば。。

消えてくれ!

地力のあるヒールの試合だったら見所あるけど、
口だけのチンピラのバトルじゃ見てても面白く無いよ(苦笑

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ村ランキング一覧
人気ブログランキングへ 人気blogランキング一覧
posted by 御用聞き at 02:18| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はボクシング、まして亀田親子にはまったく関心がないのですが、とある知人がこんなネタを提供してくれました。

もうご存知かもしれませんが...

この親にしてこの子ありとはよく言ったものだと思います...

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1043697.html
Posted by ドミンゴ at 2007年10月18日 22:16
亀田(父)は、リアル「侍ジャイアンツ」世代。
同年代を狙ったネタなんだと思いたいですね〜(笑

もし、「これなら感動呼ぶぜ!」とか思って使ったんなら。。
バカです(大笑


Posted by 御用聞き at 2007年10月18日 22:33
言葉やその言葉の意味もわからないのに使おうとするからいけないんですよね...
ボキャブラリー貧困ならそれなりに自分の言葉で励ましてやればいいのに...
「よくやった、おめでとう!でもこれからが大変だぞ」くらいでも充分気持ちが伝わるはずです...
パクった挙句に間違えるわ、まるでチラシの裏に書いた下書きのような手紙を全国ネット?で公表するテレビ局もアホですよね〜
持ち上げているつもりが恥さらしになってるし...
Posted by ドミンゴ at 2007年10月19日 08:39
まぁ、そこまでのお人なんでしょうね。。(苦笑
Posted by 御用聞き at 2007年10月20日 14:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。